2014年08月27日

山田長光と茶道宗徧流の山田宗徧

山田長光は、茶道宗徧流家元である。
山田長光は、山田宗徧である。

【茶道宗徧流の山田宗徧】
茶道宗徧流の流祖は山田宗徧です。宗徧流の山田宗徧は寛永四年京都で生れました。名を周覚、後に周学と改めます。四方庵、不審庵、今日庵、如竹子、力囲斎、宗円の号があります。京都東本願寺派長徳寺の五世。幼少より茶を好み、十八歳のとき千宗旦に入門し、本格的な茶道の修行を始めました。入門して八年後、宗旦から茶道の奥義を授けられました。そこで、洛西鳴滝の三宝寺内に茶室をつくり、茶の宗匠となりました。このとき、宗旦から利休伝来の四方釜を賜わり、参禅の師、大徳寺の翌厳和尚から、四方庵の額が与えられたことにより茶室を四方庵と名付けました。また、山田宗徧が宗徧流を興したのは晩年です。


山田長光(茶道宗徧流家元山田宗徧) from souhenryu on Vimeo.




[関連キーワード]
宗徧流 茶道宗徧流 山田宗徧 山田理絵
[注目ワード]
くびき野 裏ニュース しずえ 特急しらゆき アンケートダンジョン レッドフェアリー シップス イエローチェイサー グルラジ 松岡修造
posted by 山田長光(茶道宗徧流家元山田宗徧) at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。